ニワトリノニワ スタッフブログ

大事に大事に・・・♪

こんにちは、ニワトリノニワスタッフの伊尾木です。
西日本は台風も過ぎ去りましたが東日本の方々大丈夫ですか?
10日以上続いた雨も台風とともにあがり、今日の四万十市は気持ちいいくらいにいいお天気です。

今日は珍しく(?)出荷・梱包作業の様子をお伝えします♪
(興味、持ってくださいね♪)

まずは卵を洗います
高圧洗浄機で勢いよく洗います。
卵の中にはからの薄いもの、すでにひびが入っているものがあります。
卵を洗っている間に割れるのは仕方がないのですが、
私は割れるたびに『あー、もったいない』となってしまいます。

次に卵をひとつずつチェックします
汚れが残っていないか、ひびが入っていないか、変な形ではないかなどなど
多くのチェック項目がある割に毎日作業している人はスピード感もあります。

最後に卵を握って割れチェックをします・・・この時プロは割らずに見抜くんですよ!!
(ちなみに私は2~3回程度しか見抜けてません・・・シロウトなもんで・・・)

厳しい検査を通過した卵たちは出荷へ向けてパック詰めされます。

卵は割れ物、ってなわけで気を使って梱包しまーす!
紙の卵パックに紙の緩衝材を敷き詰めます。
以前はウレタンのシートを敷いていました。
作業的にはそっちの方が断然楽だったと思います。※個人の感想です。
紙の緩衝材は見た目になんだか優しい感じがします。
敷き詰めるのはちょいとコツがいります。

きれいにパックに卵を詰めたらラベルを貼って準備完了!

あ、卵を詰める最後の最後にも割れチェック・汚れチェックしてますよ♪

次は段ボールへ詰めましょう!!
卵パックごとプチプチ君にくるんでひょいっと入れます。

出荷準備中

その後は箱閉じて送り状貼って注意書きシール貼ってってな具合です。

こんなかんじで皆さんのもとへお届けしております。
万が一割れ等ありましたらご連絡ください。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/23(月) 11:29:31|
  2. 出荷・発送のお仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご注文から発送まで

20150618

伝わるかどうかわかりませんが
結構雨が降っています。
こんな雨でも「お外が大好き!」なのが何羽かいます……。

今日はとくに農場ネタがございませんので……
インターネットでご注文をいただいてから発送までの流れを少しお話しさせていただきます。


インターネットからご注文をいただきますと、
すぐに、確認メールが届くかと思います。
これは、ご注文を確定した旨の、自動送信メールになっています。
これが届かない場合は
●当店からのメールが迷惑メールに振り分けられている
●メールアドレスの入力間違い
をご確認ください。
上記に問題がない場合はエラーでご注文が確定していない場合もございますので、当店までお問い合わせください。

スタッフが注文を確認するのは毎日午前中となります。
日によって違いますが9~10時頃までに確認できたご注文はその日に出荷させていただきます。
(出荷管理スタッフ(私)がお休みの日は、確認が翌日午前となる場合がございます)

確認次第、卵を確保し、出荷作業に入ります。
配送伝票をお作りし、梱包が済み次第、伝票番号を記載した出荷完了メールをお客様にお送りいたします。

また、日時指定などで発送日が後日になる場合には、かならず、「○日お届けご希望ですので、○日出荷となります」という旨の発送予定メールをお送りいたします。
卵の数が少ない時期に出荷が遅延する場合も同様に、発送予定メールをお送りしております。


上記が、インターネットからご注文をいただいてからの流れです。
お急ぎの場合などは別途メールやお電話などでご確認いただけますと確実です。
  1. 2015/06/18(木) 14:51:25|
  2. 出荷・発送のお仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卵の大きさと、殻の色

20150603.jpg

ここ数日、体調がすぐれず、ブログをお休みしておりました。
もし、見に来て下さった方がいらっしゃったら、申し訳ありません。


今日は、卵の大きさと殻の色のお話をさせていただきます。
後日、ホームページのFAQにも掲載する予定となっております。

お届けする卵、大きさや色にバラつきがあるのを不思議に思われた方はおられませんか?
ニワトリの卵の大きさは、成長するにしたがって、大きくなっていきます。
パックに入れて発送させて頂いているものは、
小さいものは初玉でも45グラム以上~大きいものはパックに収まるくらいの大きさ、となっているのですが、
実際はもっと小さなものや、パックに入らないような大きな卵もたくさんあるんですよ。

もちろん日やニワトリによって違いますが、
基本的には、ニワトリの成長にしたがって卵の大きさも大きくなっていきます。


殻の色の違いですが……
基本的に、ニワトリの種類によります。

良く言われている、「ニワトリの色と同じになる」というのは、半分くらい正解です。
白い卵は白いニワトリが産みますけれど、
茶色い卵を産むのは茶色いニワトリだけではありません。
当農場の「岡崎おうはん」は黒いニワトリですが、卵は茶色です。
青い卵もありますが、それを生んでいる鶏は青くはありませんね。

よく、茶色い卵のほうが栄養がある、美味しい、と言われますけれど
卵の殻の色は味や栄養価には関係ありません。

そして、これもあまり知られていないことなのですが、
(私も先日池田から聞いて知ったのですが)
お外で放し飼いにされているニワトリの卵殻の色は、次第に薄くなっていきます。
太陽をいっぱい浴びて明るいところで育ったニワトリは、
外敵から卵を守るためか、明るい場所で目立たない色=明るい色の卵を産むようになります。

それを聞いてから産みはじめの卵の色を見ると、確かに色が濃いですね。

卵がお手元に届きましたら、ぜひ殻の色や大きさを見比べてみて、
どんなニワトリが産んだのか想像してみてくださいね。
  1. 2015/06/03(水) 10:01:12|
  2. 出荷・発送のお仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出荷のこと

20150517


ニワトリノニワでは、卵をとったり、洗ったり、詰めたりの作業を、手作業でしています。
上は梱包中の写真です。

このブログをご覧になっている中にはお客様もおられるかと思いますが
注文したら最短でいつ届くのか、気になられたことはありませんか?

出荷作業は午前中で終了します。
午前中のご注文でも、9時ころには出荷先が確定しますので、以降のご注文は最短でも翌日発送となります。
朝の8時半までにご注文いただけましたら、その日のうちに出荷できることが多いです。(卵の数により、できないこともありますが)

ただ、水曜や日曜は、出荷管理をしております私がお休みのことが多いため、その翌日の処理となることがございます。
お急ぎの方や、到着日にご希望のございます方は、お電話やメールでご確認いただくことをおすすめいたします。

卵の数が少ない時期は、どうしても、定期コースなどでご予約のお客様優先となりますため、
十分な個数が確保できるまでお待ちいただくこととなります。

夏場や冬場の気候が厳しい時期、テレビや雑誌などで取り上げていただいたあとなどは
どうしても数週間~1か月以上お待たせしてしまうことがございます。
なにとぞご了承ください。
  1. 2015/05/17(日) 12:04:44|
  2. 出荷・発送のお仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0