ニワトリノニワ スタッフブログ

四万十川河口・有精卵の「池田なません」ニワトリノニワのスタッフの日常をお届けします。

卵の産卵数が減っておりご迷惑おかけします

みなさんこんにちは、卵かけごはんに天日塩をかけて食べるのにハマっている武田です。
天日塩でさらに甘みが際立つ感じで、オススメです♪
双子の卵
双子の卵、割ってでてきたらちょっとびっくりしますよね。
でもそんなに珍しいものではなく、よくあるんですよ実は。
双子の卵をみる縁起がいい、なんだか今日もいいことありそう♪って気持ちになりますよね。
さらに得した気分にも。

さて、梅雨らしく雨&蒸し暑い日がつづいているこちら四万十です。
天候の影響もあってか、はたまたストレスか、最近ニワトリさんの産卵数が減っており、
みなさまにはご迷惑をおかけしています。

20代目のヒヨコさんが順調に育っているので
7月中旬頃から卵を産み始める予定です。
その時期から、出荷の再開ができればと思っていますが、
自然相手ですので、焦ってもしかたないのですが
お待たせしてしまっているので、
少しでも早くお届けしたいという気持ちでいっぱいです。

20代目ニワトリさん
20代目のヒヨコさんもこんなに大きくなってます。
もう見た目も声もニワトリさんです。
20代目ヒヨコさんにがんばってもらいましょう!

スポンサーサイト
  1. 2018/06/09(土) 10:37:30|
  2. 卵のこと・ニワトリのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろんなたまご



毎日卵をみていると、色や形、大きさなど、本当にいろいろあることがわかります。
上の写真は少し細長い程度ですが、もっと極端に細長かったり、逆に真ん丸だったりすることもあります。
中身は普通の卵なのですが。

20150613_2.jpg

同じ卵でもこれだけ大きさが違います。
右端がやや小ぶりの卵、左ふたつはパックに入らないほど大きな卵です。
これだけ大きいと双子の可能性も高いですね~(黄身がふたつ入っているものも珍しくないんですよ)

20150613_3.jpg

大きさが伝わりづらいので100円ライターを横に並べてみました。

小さいのは、今日はなかったですが、本当にミニサイズ! という感じのものもあります。
そういうのは逆に卵黄が入っていなかったり、極端に小さい卵黄だったりしますね。

その他、ゴツゴツしていたり、白いもの(カルシウム)がついていたり、いろいろありますよ。

テーマ:農業 - ジャンル:ブログ

  1. 2015/06/13(土) 09:35:40|
  2. 卵のこと・ニワトリのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0